歯周病について|福岡市博多区の歯医者「筑紫通り加納歯科クリニック」

入れ歯専門外来がある博多区諸岡の歯医者 筑紫通り加納歯科クリニック

歯に対するお悩みをお持ちの方はお気軽にお問合わせください

WEB診療予約

緊急の場合はお電話でご連絡ください。
Web予約の場合、2日程ご連絡が遅れる場合があります。

診療
時間
平日 10:00 - 13:00 15:00 - 20:00
10:00 - 13:00 14:00 - 18:00

休診日 木・日・祝/博多駅からバスで10分/師岡バス停目の前
(祝日のある木曜日は診療します)

  • tel:092-575-2210
  • お問い合わせ
  • 地図を見る

歯周病

歯を支える顎の骨を溶かす病気「歯周病」

歯周病は歯ぐきの病気だと思われがちですが、歯を支える顎の骨(歯槽骨)の病気です。歯垢(プラーク)の中に潜む歯周病菌が悪さをし、歯ぐきに炎症を引き起こします。そして歯ぐきの奥まで進んで顎の骨が溶かされていきます。この過程で自覚症状はほとんどないため、気がついた時にはかなり進行していることも特徴のひとつです。

歯周病は日本人が歯を失う原因第1位の恐い病気。成人の約8割は感染者もしくは予備軍だともいわれています。「歯みがきをしたら出血した」「口臭がひどくなった」「歯ぐきが赤く腫れている」といった症状は歯周病のサインかもしれません。気になる症状があれば、福岡市博多区の歯医者「筑紫通り加納歯科クリニック」にご相談ください。

歯周病と全身疾患の関係

歯周病は口の中で起きる病気ですが、近年では全身疾患との関係が問題視されるようになっています。歯周病の原因菌やその菌が出す毒素は全身をめぐることで、いろいろな病気を引き起こす可能性があり、歯周病治療は「歯を守る」だけでなく、「全身を守る」ための治療としても有効なのです。

狭心症・心筋梗塞/脳梗塞/糖尿病/早産・低体重児出産/誤嚥性肺炎/骨粗しょう症/関節炎・腎炎/メタボリックシンドローム

歯周病の進行

進行について

歯周病は虫歯と同じく細菌による感染症で、最初は歯ぐきなどに炎症を起こします。特に歯と歯ぐきの境目はみがき残しが発生しやすく、プラークが溜まりやすいため細菌のすみかになる場所。この部分に細菌が溜まると、唾液に含まれる炭酸カルシウムなどの作用によってプラークが硬くなり、歯石と言われる物質に変化して歯の表面に強固に付着します。

こうなると歯ブラシだけでは取り除くことができません。この歯石の中やまわりにさらに細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。そして歯ぐきが炎症して赤くなったり、腫れたりするのです。

炎症した状態が続くと、歯と歯ぐきの境目を繋いでいた頑丈な繊維がちぎれてしまいます。そして歯と歯ぐきの間に「歯周ポケット」という隙間ができます。歯周ポケットは歯周病菌の温床となり、歯ぐきは常に歯周病菌の攻撃にさらされ、炎症が続くことでさらにポケットは深くなります。そのまま炎症が進み、歯周ポケットが深くなると歯ぐきの下にある骨、歯槽骨にまで細菌の攻撃が及びます。

最終的には歯を支えている歯槽骨が溶けてしまい、この状態が長く続くと歯が揺れてきてしまいます。はっきりとした自覚症状が出るのは、歯槽骨を大きく失ってからです。

赤みや腫れがある

赤みや腫れは歯の汚れ、歯肉炎のサインです。
歯茎に炎症が起こり歯みがきやフロスで出血する場合があります。

赤紫色に変色し、触るとぷよぷよしている

歯周病が進行していくと赤紫色や紫色に変色し、放置すると歯が抜けてしまうケースも。

黒ずんでいる

金属の詰め物・クラウンが溶け出し、黒ずんで見えることがあります。

歯周病の治療法

筑紫通り加納歯科クリニックでは、世界中の医師による治療結果を集め、吟味し、より一般的、客観的な判断に基づいて治療をする医療EBM(Evidence Based Medicine)、を行っています。当院スタッフ自身の経験のみならず、世界的な学術論文より得た最新のエビデンス(科学的根拠)に基づいた判断を加味することで、より最良な治療法を選択します。

歯周病に対して適切な治療を行うためには、さまざまな分野の知識を集結して取り組む必要があります。細菌性の病気ですので細菌学の知識はもちろん、骨の破壊につながるメカニズムを理解するためには病理学の知識も必要です。また、治療に使用する薬の選択の際には薬理学の知識を身につけておく必要があります。歯周病菌は、さまざまな全身疾患の原因となっていることが判明していますので、今後さらにほかの医科分野との連携が求められてくるでしょう。

歯周病治療の流れ

当院で行っている歯周病治療の流れをご案内します。

  1. プラークコントロール

    軽度の歯周病の治療には、プラークコントロールが重要です。歯科衛生士による正しいブラッシングの指導を受け、自宅で適切なセルフケアを行いましょう。

  2. arrow
  3. スケーリング・ルートプレーニング(歯石除去)

    歯周病が中程度に進行している場合は、専門の器具を使って、ブラッシングでは取ることのできない歯周ポケットの奥にあるプラークを取り除く治療を行います。

  4. arrow
  5. 歯周外科手術

    スケーリングやルートプレーニングで除去しきれなかったプラークを外科手術で取り除きます。症状に応じてさまざまな方法がありますが、代表的な方法は歯肉を切開して歯根の先や歯根の間にこびり付いたプラークなどを除去します。

  6. arrow
  7. 予後不良歯の抜歯

    重度にまで進行してしまった歯周病の場合は、周囲の歯に悪影響が及ぶのを阻止するためにやむなく抜歯する場合があります。抜歯後、そのまま放置すると歯周病がまわりの歯にも広がる可能性があるためインプラントなどによって治療します。

  8. arrow
  9. 補綴処置(義歯・ブリッジ・インプラント)

    必要に応じて捕綴(ほてつ)治療を行います。補綴とは、歯周病などの治療を行った後に詰め物・被せ物を取り付けたり、歯の欠損を入れ歯(義歯)・ブリッジなどを用いて修復したりする治療です。また、審美歯科治療やインプラント治療も補綴処置に含まれます。

  10. arrow
  11. メンテナンス(定期検診)

    歯周病の治療が終了したら再発を防ぐために、日ごろの丁寧なブラッシングはもちろんのこと、定期的に検診を受けることが大切です。1年に1~2 回の定期検診を習慣付けることは、虫歯や歯周病の予防や早期発見に効果的です。家庭でのケアに歯科医院でのケアを組み合わせて、美しく健康な歯を守りましょう。

歯周病と補綴物の関係
歯周病で歯を失ってしまえば、歯を元通りに戻すことはできません。そこで治療や予防で歯周病をコントロールしながら、補綴(ほてつ)物で歯の機能を回復する必要があります。
しかしながら、歯周病は細菌性の病気ですので、再発のリスクが非常に高いといった特徴があります。せっかく高品質な補綴物を作っても歯周病が再発すると、補綴物を失ってしまうことになりかねません。歯周病治療と補綴治療は、将来まで考えてセットでお考えください。

治療例

歯周病に対する処置1
歯ぐきが腫れて痛み、歯が動いて食べることができないというのが主訴の患者様でした。保存できない歯は抜歯となりましたが、丁寧に歯周治療を行い、歯ぐきの状態を整え、咬みあわせをよくていきました。すべて保険治療で行いましたが、仕上がりには患者様も大満足でした。
           
歯周病に対する処置2
歯ぐきが腫れて痛み、昔に比べて前歯がどんどん出てきて見た目が悪くなってしまった、というのが主訴の患者様でした。歯周病により歯が動いてしまい、歯並びも崩壊してしまった状態です。丁寧に歯周治療を行い、歯を残す努力をしました。歯を抜きたくないのは、患者様だけでなく、歯医者も同じです。保険治療のみご希望の患者様でした。奥歯には義歯を入れ、咬みあわせの高さと位置を整え、歯が動いている部分はブリッジにして連結・固定し、清掃のしやすい形にしながら、咬みあわせを作っていきました。結果、歯を1本も抜くことなく治療は終了しました。

歯周病は適切な処置で予防しましょう 予防歯科

  • Tel:092-575-2210
  • WEB診療予約
  • カウンセリング・治療の流れ
  • 費用について
  • Q&A
  • 設備紹介
  • 医院案内
  • 医院ブログ
  • WEB診療予約 緊急の場合はお電話でご連絡ください。Web予約の場合、2日程ご連絡が遅れる場合があります。