医院コラム(詳細)|筑紫通り加納歯科クリニック|福岡市博多区の歯医者

入れ歯専門外来がある博多区諸岡の歯医者 筑紫通り加納歯科クリニック

歯に対するお悩みをお持ちの方はお気軽にお問合わせください

WEB診療予約

緊急の場合はお電話でご連絡ください。
Web予約の場合、2日程ご連絡が遅れる場合があります。

診療
時間
平日 10:00 - 13:00 15:00 - 20:00
10:00 - 13:00 14:00 - 18:00

休診日 木・日・祝/博多駅からバスで10分/師岡バス停目の前
(祝日のある木曜日は診療します)

  • tel:092-575-2210
  • お問い合わせ
  • 地図を見る

コラム

【差し歯・黄色い・黒い・やり直し・セラミック】自然なセラミック製の差し歯

福岡市博多区諸岡 筑紫通り加納歯科クリニックです。

 

今回は、セラミック製の差し歯についてご紹介します。

 

写真2

 

「なぜ同じ白でも自然になるの??」

「加納歯科の差し歯はセラミックっぽくなく、偽物に見えないのはなぜ?」

 

素朴な疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
実は、一言でセラミックといっても、様々な種類のセラミックがあり、また周囲に調和させるのには、高い技術が要求されます。

このように自然感を出すためには、秘密があります。

 

写真3

 

一見白く綺麗な天然歯ですが、明るさを調整すると、一目瞭然。


透けている部分や、オレンジがかった部分など、様々な色が混じっているのが分かります。

このように歯には、透明な部分やパール色のように半透明な部分、黄色味やオレンジの色相をもっている部分など、同じ顔の人がいないように、人により様々な個性があります。

周囲に調和させるためには、これらの色を再現しないといけません。

 

写真4

 

先ほどのセラミックの差し歯ですが、はじまりはこのような状態でした。

セラミックでも強度の高いジルコニア製のフレームを内面に選択し、

 

写真5

 

何色もの種類のセラミックを重ねて築盛しています。

 

写真6

 

これを焼成していったものがこちら。

透明な部分や、オレンジがかった色など、忠実に再現されており、

深みのある色になっているのが分かります。

 

写真7

 

そして仕上げ。
陶芸家の世界と似ていますね。

骨董品における技物と同じく、本当に良いものを作るからには、様々な手間と技術、感性が必要とされます。

 

こちらはCharm Dental Designの藤崎氏によるセラミック製の差し歯です。

いつも丁寧な仕事に感謝です。

 

どうしても手間と技術がかかるため、患者様には1本13万円のチャージを頂きましたが、仕上がりには大満足でした。

今回は古くなった黄色い差し歯のやり直しを希望されての来院でしたが、

 

「20年ぶりに自分の歯を取り戻した」

 

という嬉しい言葉を頂きました。

 

前歯の差し歯のやり直し治療について、詳しくは下記アドレスを参考にされてください。

https://www.kano-shika.com/medical/redoing.html

 

筑紫通り加納歯科クリニックでは、義歯(入れ歯)、セラミックなど審美歯科治療をはじめ、的確な診査、診断をもとに、インプラント治療も含め、総合治療を行っております。
やり直しの治療にお悩みの患者様、お困りの際は、お気軽に御相談下さい。

福岡市博多区諸岡3-6-15

筑紫通り加納歯科クリニック

092-575-2210

 

  • カウンセリング・治療の流れ
  • 費用について
  • Q&A
  • 設備紹介
  • 医院案内
  • 医院ブログ
  • WEB診療予約