医院コラム(詳細)|筑紫通り加納歯科クリニック|福岡市博多区の歯医者

入れ歯専門外来がある博多区諸岡の歯医者 筑紫通り加納歯科クリニック

歯に対するお悩みをお持ちの方はお気軽にお問合わせください

WEB診療予約

緊急の場合はお電話でご連絡ください。
Web予約の場合、2日程ご連絡が遅れる場合があります。

診療
時間
平日 10:00 - 13:00 15:00 - 20:00
10:00 - 13:00 14:00 - 18:00

休診日 木・日・祝/博多駅からバスで10分/師岡バス停目の前
(祝日のある木曜日は診療します)

  • tel:092-575-2210
  • お問い合わせ
  • 地図を見る

コラム

被せ物(補綴修復)の形

福岡市博多区諸岡 筑紫通り加納歯科クリニックです。

 

「差し歯とか被せ物の治療(補綴治療)ってどんなことをしてるの。被せ物、差し歯の形に削るってなに?」
治療に際してこのような質問をよく受けます。

 

写真2

差し歯等の被せ物の冠をかぶせるためには、その冠の厚みを考えなければなりません。そして、入るためには引っ掛かりないように、平行性を持たせる必要があります。
ポイントは目標とする歯の形を考えて、均等な厚みになるよう形を作ることです
上の図は前歯の差し歯を横から見た図になります。1mm~1.5mmくらいの厚みを基準に均一な厚みになるようコントロールしていきます。

 

このように、ただ何も考えずに削っているわけではありません。咬みあわせの関係、歯の状態など総合して、構造力学的に一番歯が丈夫になるよう、科学的根拠に基づいた形を作っていきます。

写真3

一番気を使うのは歯と歯茎の境目の部分。ここの部分がガタガタになったり、凸凹ではぴったりフィットしません。時がたつと、その隙間から細菌が侵入し、虫歯や歯周病が進み、永続性のない(長持ちしない)、やり直しの治療の繰り返しとなります。マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)や拡大鏡を用いて、しっかり確認しながら、丁寧に研磨をかけることで、一筆書きのように、滑らかにそして滑沢なラインに仕上げます。
写真は歯型の模型です。担当技工士の手が加わる前の状態ですが、この状態で歯と歯ぐきの境目がはっきり見えていなければなりません。

 

当たり前のことではありますが、審美補綴治療だけにかかわらず、一般の処置すべてにも、よく見て処置を行うことは大前提となります。時間のかかる処置ではありますが、ご協力いただければと思います。

 

福岡市博多区諸岡3-6-15

筑紫通り 加納歯科クリニック

  • カウンセリング・治療の流れ
  • 費用について
  • Q&A
  • 設備紹介
  • 医院案内
  • 医院ブログ
  • WEB診療予約