医院コラム(詳細)|筑紫通り加納歯科クリニック|福岡市博多区の歯医者

入れ歯専門外来がある博多区諸岡の歯医者 筑紫通り加納歯科クリニック

歯に対するお悩みをお持ちの方はお気軽にお問合わせください

WEB診療予約

緊急の場合はお電話でご連絡ください。
Web予約の場合、2日程ご連絡が遅れる場合があります。

診療
時間
平日 10:00 - 13:00 15:00 - 20:00
10:00 - 13:00 14:00 - 18:00

休診日 木・日・祝/博多駅からバスで10分/師岡バス停目の前
(祝日のある木曜日は診療します)

  • tel:092-575-2210
  • お問い合わせ
  • 地図を見る

コラム

食事中、周りを汚すことについて

写真1

こんにちは。

福岡市博多区諸岡 筑紫通り加納歯科クリニックです。

 

乳歯が生え揃う3歳までのお口の様々なお悩みを、何回に分けてお話ししています。

 

今回は「食事中、そして食後の周りの汚れについて…」

 

食事中に洋服やテーブル、果ては床まで汚されることは、親にとっては頭の痛いことですね。

ですが、それは上手に食べられるようになる訓練なのかもしれません。

 

子供のうちは

自分で食べたいという欲求が満たされることで、食への興味や意欲が育ちます。

食事だけでなく、「何でも自分でやってみたい!」という時期があります。

食事の場面でのこの「やりたい!」になると、食べ物に手を伸ばしてグチャッと触ったり、テーブルの上や床、お口の周りは大変なことになってしまいますね。

ですが、自らの意志で食べ物に触れ、失敗しながらも食べることができる経験を積むことで、食への興味や意欲を育てることができます

お掃除は大変ですが、それも成長過程の一部なので見守ってあげましょう。

 

手で食べることは、学習のひとつです。次のようなことをお子さんたちと考え、一緒に食事を楽しんでください。

 

① 力加減

 

食べ物を持つときには、適切な力加減が必要です。はたから見ると、食べ物で遊んでいるようにしか見えないかもしれませんが、子供は手の力加減を繰り返し学習しています。自分で食べられそうな時は、優しく見守ってあげてください。

 

② ひと口量を覚えるために

 

お母さんが持っていた食べ物を、お子さんとと二人で持ち、口に入りすぎないように、手伝いながら適切な量を食べられるように促してください。見守ることも必要ですが、手助けすることで成長も早くなるはずです。

 

 

我が家も食事中は大変です。

子供の椅子の下にレジャーシートを敷くようにしました。それでも、よくごはん粒を踏んでしまいます(T_T)うんざりしてしまうことも多いですが、見守っていくことは大切です。

 

皆様もお気づきになることがあれば、お気軽におたずねください。

 

福岡市博多区諸岡3-6-15

筑紫通り 加納歯科クリニック

  • カウンセリング・治療の流れ
  • 費用について
  • Q&A
  • 設備紹介
  • 医院案内
  • 医院ブログ
  • WEB診療予約