医院コラム(詳細)|筑紫通り加納歯科クリニック|福岡市博多区の歯医者

入れ歯専門外来がある博多区諸岡の歯医者 筑紫通り加納歯科クリニック

歯に対するお悩みをお持ちの方はお気軽にお問合わせください

WEB診療予約

緊急の場合はお電話でご連絡ください。
Web予約の場合、2日程ご連絡が遅れる場合があります。

診療
時間
平日 10:00 - 13:00 15:00 - 20:00
10:00 - 13:00 14:00 - 18:00

休診日 木・日・祝/博多駅からバスで10分/師岡バス停目の前
(祝日のある木曜日は診療します)

  • tel:092-575-2210
  • お問い合わせ
  • 地図を見る

コラム

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)による診査について

福岡市博多区諸岡 筑紫通り加納歯科クリニックです。

 

このコラムでは、当院での診療におけるこだわりや、ちょっとした工夫を御紹介しております。

 

今回は、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)についてのご紹介。
拡大視野で見ることは大切です。

 

 

「上の奥歯がチョコレートを食べたらしみる、何かが欠けた気がする」

ということで、来院された患者様でした。

 

写真2

 

一見何もなさそうな感じですが、、、

咬む面に冷たい風を当てたところ、一番右の歯に痛みがありました。


 

写真3

 

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を覗いてみて、20倍まで拡大すると

確かに古い詰め物が欠けており、穴が開いていました。


一部その中には虫歯もあり、この画像を事前に患者様にもお見せし説明したところ、納得され、安心して治療に入ることができました。


幸いにも虫歯は中でさほど大きくは広がっていなかったため、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)下で、健康な歯は削らないよう丁寧に除去した後、コンポジットレジン(歯科用のプラスティック)をつめて、1回で終了。

 

肉眼と触診などの手指感覚のみの診査では、あくまでも予測の範疇であり、確定的な診断にはなりえません。

(もちろんその感覚も大切ではありますが。。。)

 

 

処置を行う歯科医師と処置を受ける患者様、

お互いが安心、そして安全に治療できるためにもマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)は非常に有効な道具です。

 

 

筑紫通り加納歯科クリニックでは、義歯(入れ歯)、セラミックなど審美歯科治療をはじめとする補綴治療を得意としております。
お困りの際は、お気軽に御相談下さい。

 

福岡市博多区諸岡3-6-15

筑紫通り 加納歯科クリニック

 

  • カウンセリング・治療の流れ
  • 費用について
  • Q&A
  • 設備紹介
  • 医院案内
  • 医院ブログ
  • WEB診療予約