医院コラム(詳細)|筑紫通り加納歯科クリニック|福岡市博多区の歯医者

入れ歯専門外来がある博多区諸岡の歯医者 筑紫通り加納歯科クリニック

歯に対するお悩みをお持ちの方はお気軽にお問合わせください

WEB診療予約

緊急の場合はお電話でご連絡ください。
Web予約の場合、2日程ご連絡が遅れる場合があります。

診療
時間
平日 10:00 - 13:00 15:00 - 20:00
10:00 - 13:00 14:00 - 18:00

休診日 木・日・祝/博多駅からバスで10分/師岡バス停目の前
(祝日のある木曜日は診療します)

  • tel:092-575-2210
  • お問い合わせ
  • 地図を見る

コラム

親しらずについて

福岡市博多区諸岡 筑紫通り加納歯科クリニックです。

このコラムでは、当院での診療におけるこだわりや、ちょっとした工夫を御紹介しております。


今回は親しらずについて。

 

「親しらずって、抜かないといけないの??」

「あることは分かっているのだけれど、痛くもないし放っておいているんですよ」

 

当院でに初めて来院されている方で、術前にレントゲン診査をさせて頂き説明をすると、このような答えがよくかえってきます。

 

現在の日本人の顎は、食生活や、習慣の変化などにより、親知らずがきれいに生えてきている方は少なくなってきています。

 

親しらずが変な向きや、曲がって生えるなど、綺麗に真っ直ぐ生えていない場合、周りが不潔になることにより、歯ぐきが腫れたり、虫歯になりやすくなります。
また、前の歯が押されて、歯並びがくるってしまうことがあります。

 

正常にかみ合って、何も問題のない親しらずなら、抜く必要はありません。
しかし、親しらずが存在するだけでトラブルを起こしているような場合には、親しらずを抜いて、その他の歯の健康を守ったほうがいい場合があります。

 

例えばこのような場合。

 

 

写真2

 

この患者様は、右下の痛みが強くて来院された方でした。
診査してみると、右下奥から2番目の歯の虫歯による痛みが原因でした。

しかし、痛みの原因は虫歯ですが、虫歯になった原因は、なんでしょうか?


この根本的な原因を解決しなければ、治療したとしても、再治療の繰り返しとなってしまいます。

 

最大の原因はその奥の親しらず


親しらずが頬側に倒れて生えてきており、上手に磨くことができず、歯と歯の間から虫歯が進んでしまったことが、根本的な虫歯の原因でした。

 

このような場合は、治療として、抜歯となります。

 

写真3

 

抜歯のタイミングが遅れたことにより、虫歯が進んでしまい、結果、隣の歯は神経の治療となりました。しかし、来院して頂いたおかげで、何とか保存することはできました。

 

皆様も親知らずの検査はお早めに。


筑紫通り加納歯科クリニックでは、義歯(入れ歯)、セラミックなど審美歯科治療をはじめ、的確な診査、診断をもとに、総合治療を行っております。
お困りの際は、お気軽に御相談下さい。

 

福岡市博多区諸岡3-6-15

筑紫通り 加納歯科クリニック

 

  • カウンセリング・治療の流れ
  • 費用について
  • Q&A
  • 設備紹介
  • 医院案内
  • 医院ブログ
  • WEB診療予約