医院コラム(詳細)|筑紫通り加納歯科クリニック|福岡市博多区の歯医者

入れ歯専門外来がある博多区諸岡の歯医者 筑紫通り加納歯科クリニック

歯に対するお悩みをお持ちの方はお気軽にお問合わせください

WEB診療予約

緊急の場合はお電話でご連絡ください。
Web予約の場合、2日程ご連絡が遅れる場合があります。

診療
時間
平日 10:00 - 13:00 15:00 - 20:00
10:00 - 13:00 14:00 - 18:00

休診日 木・日・祝/博多駅からバスで10分/師岡バス停目の前
(祝日のある木曜日は診療します)

  • tel:092-575-2210
  • お問い合わせ
  • 地図を見る

コラム

酸蝕歯ってご存知ですか?

こんにちは。

福岡市博多区諸岡 筑紫通り加納歯科クリニックです。

 

 

皆さんは、酸性の飲み物や食べ物などで、習慣的に摂取しているものはありませんか?

                                

酸性の飲食物を長い間習慣的に摂取していると、歯が溶けてくることがあります。

この酸によって溶けた歯のことを、酸蝕歯と言います。

 

虫歯は、虫歯菌が出す酸によって、汚れのたまりやすい一部分が溶けてくる病気ですが、これに対し酸蝕歯は、酸性の飲み物や食べ物で歯が溶ける病気です。飲食物はお口全体に行き渡るので、被害は広範囲に及びます。

 

酸蝕歯になりやすい飲食物として、コーラオレンジジュースなどのソフトドリンク黒酢リンゴ酢などのお酢系飲料スポーツドリンク栄養ドリンク柑橘類などの果実酢の物などが挙げられます。これらの飲食物を毎日のようにちびちび食べたり飲んだりしていると、酸が歯に触れる時間が長くなり酸蝕歯になる可能性が高まります

写真2

上の写真は、毎日コーラを飲んでいるという患者さんのお口の中の写真です。歯が2層になっているのが分かりますか?歯の表面の硬いエナメル質が溶け出して、黄色っぽくなっています。本来は外からは見えない中の象牙質が透けているからです。

 

残念ながら、体に良い食習慣がすべて歯にも良いとは限りません。

歯のためには酸性飲食物の摂取頻度の軽減が一番なのですが、嗜好品のためすぐにやめられない、あるいは健康の為にやめたくないと思う方もいらっしゃると思います。

そんな場合は、ちびちび飲まずにグッと飲み干すようにしたり、ストローを使って飲むようにしてみてください。

そして、酸性の飲食物を摂取した直後は、歯の表面のエナメル質が最も傷つきやすくなっているので、歯みがきするのはしばらく時間をおいてからにするか、一度水でうがいをしてからにしてください。その際、歯の表面を傷付けてしまう恐れのある硬めの歯ブラシはあまりお勧めできません。

 

もし習慣的に酸性飲食物を摂取されているのなら、一度、受診されることをお勧めします。症状が出る前の処置や、もっといろんなアドバイスができると思います。

お気軽にご相談ください。

 

 

福岡市博多区諸岡3-6-15 KSJビルI  2F

筑紫通り加納歯科クリニック

  • カウンセリング・治療の流れ
  • 費用について
  • Q&A
  • 設備紹介
  • 医院案内
  • 医院ブログ
  • WEB診療予約