医院コラム(詳細)|筑紫通り加納歯科クリニック|福岡市博多区の歯医者

入れ歯専門外来がある博多区諸岡の歯医者 筑紫通り加納歯科クリニック

歯に対するお悩みをお持ちの方はお気軽にお問合わせください

WEB診療予約

緊急の場合はお電話でご連絡ください。
Web予約の場合、2日程ご連絡が遅れる場合があります。

診療
時間
平日 10:00 - 13:00 15:00 - 20:00
10:00 - 13:00 14:00 - 18:00

休診日 木・日・祝/博多駅からバスで10分/師岡バス停目の前
(祝日のある木曜日は診療します)

  • tel:092-575-2210
  • お問い合わせ
  • 地図を見る

コラム

当院での仮歯について

福岡市博多区諸岡 筑紫通り加納歯科クリニックです。

このコラムでは、当院での診療におけるこだわりや、ちょっとした工夫を御紹介しております。

 

今回は当院での仮歯についてご紹介します。

 

筑紫通り加納歯科クリニックでは最終的なセラミック冠が入る前には、必ず仮歯をいれて様子を見ます。

 

プロビジョナル・レストレーションという呼び方もされていますが、仮歯は最終的な歯が入るための重要なステップの一つです。


インプラントの仮歯、差し歯に代表される審美補綴治療における仮歯、入れ歯(義歯)における仮の入れ歯(義歯)。


特に前歯においては、

歯ぐきと調和することも、審美的にも機能的にも重要になってきます。

 

最終的なセラミックももちろん大切ではありますが、それ以上にそのセラミックの支えとなる天然の歯やインプラント、その周りの歯ぐきや骨の形態も重要です。

 

写真2

 

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)にて丁寧に形態を整え、しっかりとした歯が入る準備を行います。

ミリ単位ではなく、ミクロの単位で丁寧に研磨を加えるには、肉眼では無理があります。

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用することで、それが可能となります。

 

 

写真3

 

そして装着した仮歯。


歯の形だけでなく、歯ぐきの形も左右対称に調和している

のが分かります。

 

 

写真4

 

今回使用した材料は3M社製 プロテンプ。


とても材質に優れており、通常の仮歯の材質より、強さ・光沢感・精度。

どれをとっても一級品です。

 

拡大視野にてきっちりと形を作り、精密な仮歯が入ることで、歯ぐきも調和し、最終的な歯は長持ちします。

 

仕上がりが楽しみですね。

 

筑紫通り加納歯科クリニックでは、義歯(入れ歯)、セラミックなど審美歯科治療をはじめとする補綴治療を得意としております。

お困りの際は、お気軽に御相談下さい。

 

福岡市博多区諸岡3-6-15

筑紫通り加納歯科クリニック

 

  • カウンセリング・治療の流れ
  • 費用について
  • Q&A
  • 設備紹介
  • 医院案内
  • 医院ブログ
  • WEB診療予約